teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


横浜物理サークル9月例会の報告をアップ

 投稿者:天神  投稿日:2017年10月 9日(月)23時36分15秒
返信・引用
   9月24日に筑波大学附属高校で行われた例会の報告ページを正式公開しま
した。写真はJPEG30枚です。

==================================

授業研究:電場と電位、電場・電位のシミュレーション、関連して・・・、
北米皆既日食、新型の真空ポンプ、スマホ兼用12倍単眼鏡、物理教育研究大
会での発表から、1:3:3の衝突球・中間報告、二次会

==================================

 例会速報のURLは下記です。過去の例会のアルバムや、次回例会のご案
内も下記URLにリンクがあります。

http://www2.hamajima.co.jp/~tenjin/ypc/reikai.htm
 
 

横浜物理サークル8月例会の報告をアップ

 投稿者:天神  投稿日:2017年 9月15日(金)23時48分5秒
返信・引用
   8月26日に八王子セミナーハウスで行われた例会の報告ページを正式公開
しました。写真はJPEG65枚です。

==================================

八王子セミナーハウスの新しい食堂、弾性・非弾性ボール・大、中、小、本
物の定規、MIT、ジャンピング・トイ、どきどき・ロケット、温度計なし
でほぼ100%成功するカルメ焼き、手作りマグデブルグ半球、牛乳パックを
用いた「電気ブランコ」の製作、LANケーブルを用いた「パスカル電線」、
CGS単位系の話、夕食、第2部兼二次会に突入、ファイアーダンス、ハイ
パームチ、授業研究:運動の第二法則の実験とその周辺、授業研究:中3運
動と力学の授業、GPSデータロガー比べ、おだんごパズル、骨伝導ヘッドホ
ン、坂上り滑り台、私の考える放射線リテラシー、8/21アメリカ横断皆既日
食、オーロラ、授業でのモデルの有効性と限界、朝食

==================================

 例会速報のURLは下記です。過去の例会のアルバムや、次回例会のご案
内も下記URLにリンクがあります。

http://www2.hamajima.co.jp/~tenjin/ypc/reikai.htm

 

Re: 誤りではないですか?

 投稿者:天神  投稿日:2017年 9月 4日(月)00時14分36秒
返信・引用
  > No.563[元記事へ]

ぶるまさんへのお返事です。

> 「ペルチエ熱電池の製作」(http://www2.hamajima.co.jp/~tenjin/labo/heatbatt.htm)を拝読しました。
> 本文中、図「ペルチェ熱電池の特性(時間変化)」の左縦軸 起電力の単位は、[dV](デシボルト、10^-1V)ではないですか?
> このままですと、起電力は200V前後となってしまい、図「ペルチェ熱電池の起電力ー温度特性」と結果が合いません。
>

 拙作のWebページにお立ち寄りいただきありがとうございます。

 「ペルチェ熱電池の特性(時間変化)」の左縦軸の「起電力×10(V)」は「起電力を10倍した数値」の意味で書きました。他の数値と共通の目盛を使用したためで、おっしゃるとおり実際の起電力は2V程度です。その意味では図中凡例の単位(V)は(dV)とすべきでした。

 紛らわしい表記ですみませんが、上記のようにご理解ください。
 

誤りではないですか?

 投稿者:ぶるま  投稿日:2017年 9月 3日(日)09時58分13秒
返信・引用
  「ペルチエ熱電池の製作」(http://www2.hamajima.co.jp/~tenjin/labo/heatbatt.htm)を拝読しました。
本文中、図「ペルチェ熱電池の特性(時間変化)」の左縦軸 起電力の単位は、[dV](デシボルト、10^-1V)ではないですか?
このままですと、起電力は200V前後となってしまい、図「ペルチェ熱電池の起電力ー温度特性」と結果が合いません。
 

横浜物理サークル7月例会の報告をアップ

 投稿者:天神  投稿日:2017年 8月 9日(水)21時08分30秒
返信・引用
   7月9日に慶応義塾高校で行われた例会の報告ページを正式公開しました。
写真はJPEG38枚です。

==================================

授業研究:モータの回るしくみ 、アーチ構造を作って!乗ってみよう、レー
ザー距離計、集電カップ、新しいビースピを作りたい、cでながめるクーロ
ン力、アメリカ留学土産頒布、ハンドスピナーの使い道、3対1の衝突球、
人工知能、二次会

==================================

 例会速報のURLは下記です。過去の例会のアルバムや、次回例会のご案
内も下記URLにリンクがあります。

http://www2.hamajima.co.jp/~tenjin/ypc/reikai.htm
 

Re: 交流実験器具について問い合わせ

 投稿者:天神  投稿日:2017年 8月 9日(水)11時44分58秒
返信・引用
  > No.560[元記事へ]

間庭さんへのお返事です。

>  私は、ある訓練校の電気設備科での指導員として働いている者ですが、交流理論の実験テーマで、先生の考案された実験器具を私も作ってみようと思っているのですが、供試用のパーツでて行こうコンデンサは、すぐに入手できそうなのですが、コイル40mHは、どの種類の物でしょうか。チョークコイルなどでいいのですか。または、通販にあるインダクタであれば、40mH等という非常に大きなインダクタンスはありませんでした。
>  できれば、この実験器具に使用された型番を教えて下さればありがたいです。
>  以上よろしきお願いします。

掲示板にお立ち寄りくださいましてありがとうございます。お知らせいただいたメールアドレスに直接返信いたします。

 よろしくお願いします。
 

交流実験器具について問い合わせ

 投稿者:間庭  投稿日:2017年 8月 5日(土)09時59分7秒
返信・引用
  私は、ある訓練校の電気設備科での指導員として働いている者ですが、交流理論の実験テーマで、先生の考案された実験器具を私も作ってみようと思っているのですが、供試用のパーツでて行こうコンデンサは、すぐに入手できそうなのですが、コイル40mHは、どの種類の物でしょうか。チョークコイルなどでいいのですか。または、通販にあるインダクタであれば、40mH等という非常に大きなインダクタンスはありませんでした。
 できれば、この実験器具に使用された型番を教えて下さればありがたいです。
 以上よろしきお願いします。
 メールアドレス
 ymaniwa31@gmail.com
 

Re: 重い液体

 投稿者:鈴木  投稿日:2017年 7月10日(月)19時32分11秒
返信・引用
  天神さんへのお返事です。

返信ありがとうございます。トリチェリの実験をする程の量は無理ですが、ガリンスタン(の類似品)を購入し、色々試してみようと思います。


> 鈴木さんへのお返事です。
>
>  拙作のWebページをご覧いただき、ありがとうございます。
>
>
> > 研究用に比重の大きい液体を探しており、こちらのページに到達いたしました。水銀に匹敵するような比重のものはない、と学ばせて頂きました次第です。
> >
> > 最近、全く別の事柄を検索している時に偶然、ガリンスタン合金というものを知りました。濡れ性が高すぎることが難点のようですが、これを用いてトリチェリの実験等、なさった方はいらっしゃいますでしょうか。
>
>
>  ガリンスタンは、常温で液体で、水銀の半分程度の密度ですので、原理的には室内でのトリチェリー実験が可能ですが、教育の現場で使われたという話は聞いたことがありません。なにぶん、レアメタルを含む高価な物質なので、主に経済的な障壁が高いためと思います。
>
>  私の方の実験は、テトラブロモエタンのあとは、縣濁液に可能性を見いだしたところで止まっています。重いコロイドを分散させればそれなりに重い液体が作れます。しかしそれでも密度4g/cm3がせいぜいで、教室の天井以下に収まるトリチェリー実験を開発することはできませんでした。
>
>  以上、あまりお役に立てず、すみません。
 

Re: 重い液体

 投稿者:天神  投稿日:2017年 7月 6日(木)23時37分27秒
返信・引用
  > No.557[元記事へ]

鈴木さんへのお返事です。

 拙作のWebページをご覧いただき、ありがとうございます。


> 研究用に比重の大きい液体を探しており、こちらのページに到達いたしました。水銀に匹敵するような比重のものはない、と学ばせて頂きました次第です。
>
> 最近、全く別の事柄を検索している時に偶然、ガリンスタン合金というものを知りました。濡れ性が高すぎることが難点のようですが、これを用いてトリチェリの実験等、なさった方はいらっしゃいますでしょうか。


 ガリンスタンは、常温で液体で、水銀の半分程度の密度ですので、原理的には室内でのトリチェリー実験が可能ですが、教育の現場で使われたという話は聞いたことがありません。なにぶん、レアメタルを含む高価な物質なので、主に経済的な障壁が高いためと思います。

 私の方の実験は、テトラブロモエタンのあとは、縣濁液に可能性を見いだしたところで止まっています。重いコロイドを分散させればそれなりに重い液体が作れます。しかしそれでも密度4g/cm3がせいぜいで、教室の天井以下に収まるトリチェリー実験を開発することはできませんでした。

 以上、あまりお役に立てず、すみません。
 

重い液体

 投稿者:鈴木  投稿日:2017年 7月 6日(木)18時16分35秒
返信・引用
  研究用に比重の大きい液体を探しており、こちらのページに到達いたしました。水銀に匹敵するような比重のものはない、と学ばせて頂きました次第です。

最近、全く別の事柄を検索している時に偶然、ガリンスタン合金というものを知りました。濡れ性が高すぎることが難点のようですが、これを用いてトリチェリの実験等、なさった方はいらっしゃいますでしょうか。
 

レンタル掲示板
/52