teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


ペットボトルの耐アルカリ性

 投稿者:スズキ  投稿日:2020年 5月28日(木)23時20分42秒
返信・引用
  最近、キッチンハイターを使った消毒液(キッチンハイター5mlに対し、500mlの水など)がアルコール消毒液の代わりになるというものを見かけます。この水溶液は弱アルカリ性?のようなのですが、ペットボトルでの作製はどうなんだろうと疑問に思いました。このHPでは「強酸・アルカリ性薬品への耐性はない。絶対に入れないこと。」となっているので不安に思っているのですが…。ご教授願えればと思って書き込みました。  
 

Re: アルコールとPETについて

 投稿者:天神  投稿日:2020年 4月17日(金)00時25分4秒
返信・引用
  > No.647[元記事へ]

フジワラさんへのお返事です。

 拙作のWebページをご覧いただき、ありがとうございました。

> はじめまして。
> 下記のページについてお尋ねいたします。
> http://www2.hamajima.co.jp/~tenjin/labo/pet.htm
>
> 各PETボトルに共通した性質として
> 焼酎用に使用されるボトルの20%アルコール程度が限界。とありますが
> 近頃ウイスキーが入った大容量のペットボトルを見かけます。
> ウイスキーはアルコール度数が40%前後と更に高いですが何か特殊な
> コーティングでも施してあるのでしょうか?
>
> また、通常のペットボトルにアルコール度数70%前後の
> 消毒用エタノールを入れた場合、どれくらいの期間で強度が低下しますか?
>
> よろしくお願いいたします。

 当該記事の取材をしたのは20年も前のことなので、今はだいぶ事情が変わっていることと思います。

 PETという素材自体の物性は変わりませんので、基本的にはアルコールや強酸・アルカリへの耐性は弱いはずです。ただ、以下のような最近の記事を見ますと、ボトルの製造技術が進んで、内容物に合わせて他の物質でコーティングを施した製品が実在するようです。

ポリエチレンテレフタレート(PET)の特性と用途 ペットボトルからフリースまで
https://i-maker.jp/blog/polyethylene-terephthalate-8354.html

エタノールはペットボトルで保存できるか調べました【PET資料まとめ】
https://yomemanners.com/7163.html

 高濃度のアルコール用に用いられているボトルはコーティングが施してあるものと考えられます。そのようなボトルであれば転用は可能ではないでしょうか。

 一方、百均などの安価な詰め替え用ボトルなどにはたいてい、「アルコール不可」の表示がありますので、それらはコーティングが施されていないPET容器と考えられます。清涼飲料などの容器も同様ではないかと思われます。

 空きビンの転用は目的外使用ですので、同種の液体を詰め替える意外は避けるのが賢明だと思います。アルコールで長期間の耐用実験をしたことはありませんが、アルカリだと、半年程度でひび割れたり底が抜けたりします。



 

アルコールとPETについて

 投稿者:フジワラ  投稿日:2020年 4月14日(火)18時02分7秒
返信・引用
  はじめまして。
下記のページについてお尋ねいたします。
http://www2.hamajima.co.jp/~tenjin/labo/pet.htm

各PETボトルに共通した性質として
焼酎用に使用されるボトルの20%アルコール程度が限界。とありますが
近頃ウイスキーが入った大容量のペットボトルを見かけます。
ウイスキーはアルコール度数が40%前後と更に高いですが何か特殊な
コーティングでも施してあるのでしょうか?

また、通常のペットボトルにアルコール度数70%前後の
消毒用エタノールを入れた場合、どれくらいの期間で強度が低下しますか?

よろしくお願いいたします。
 

YPC横浜物理サークル2月例会の報告をアップ

 投稿者:天神  投稿日:2020年 3月 9日(月)18時15分54秒
返信・引用
   2月23日に筑波大附属高校行われた例会の報告ページを正式公開しまし
た。写真はJPEG45枚です。

==================================

授業研究:保存則の授業展開(後編)、バランスフォーク、白内障手術体験
記、自作距離センサー完成版、耐震マットを使った一方向弁、手動ビー玉ス
ターリングエンジン、回折格子の簡単な実験、定力装置を使った運動の解析、
Think Board 、秘伝のタレは何年で・・・?、二次会

==================================

 例会速報のURLは下記です。過去の例会のアルバムや、次回例会のご案
内も下記URLにリンクがあります。

http://www2.hamajima.co.jp/~tenjin/ypc/reikai.htm
 

YPC横浜物理サークル1月例会の報告をアップ

 投稿者:天神  投稿日:2020年 2月 8日(土)21時56分40秒
返信・引用
   1月19日に慶応義塾高校で行われた例会の報告ページを正式公開しまし
た。写真はJPEG52枚です。コメントをお寄せいただいた発表者の皆様、
ご協力ありがとうございました。

==================================

授業研究:物理基礎・熱の授業、空気清浄機、phyphoxの音響センサー、ダ
イソーの二重滑車、LEDで見る気柱共鳴、音響浮揚装置、弦の定常波のアニ
メーションと考察、ビー玉スターリングエンジン、レールアンビルとガラス
玉 、トルネードアダプター、輪っ紙飛行機、ジャンピングトーイ、モデル
ロケットエンジンあげます、地学と化学のテキスト、運動方程式の実験書 、
二次会

==================================

 例会速報のURLは下記です。過去の例会のアルバムや、次回例会のご案
内も下記URLにリンクがあります。

http://www2.hamajima.co.jp/~tenjin/ypc/reikai.htm
 

YPC横浜物理サークル12月例会の報告をアップ

 投稿者:天神  投稿日:2020年 1月 5日(日)20時55分43秒
返信・引用
   12月15日に株式会社ナリカで行われた例会の報告ページを正式公開し
ました。写真はJPEG51枚です。

==================================

授業研究:保存則の授業展開、ロウソク・メリーゴーランド、放射線源紹介、
自作距離センサー3つ、偏光板マジック、「指パッチン」で飛ぶ紙トンボ、
エレクトリックバランスボード、浮力再考、原子の数の多さをイメージさせ
る問題、Raspberry Pi 4、二次会

==================================

 例会速報のURLは下記です。過去の例会のアルバムや、次回例会のご案
内も下記URLにリンクがあります。

http://www2.hamajima.co.jp/~tenjin/ypc/reikai.htm
 

ReRe:11月例会速報・定常波

 投稿者:宮崎 尚生  投稿日:2019年12月31日(火)21時21分22秒
返信・引用
  ご返信、有り難うございました。今回の試作品の目的は、
・低周波発振器の替わりに、PCと安価なアンプで代用
・低出力のスピーカーの振動を弦に効果的に伝える方法
・装置全体を軽量化し、強力磁石で黒板に貼り付けて授業で活用
でしたが、例会速報を参考にして、何とかクリアすることができました。

(追伸)現在取り組んでいるのは、
①ペットボトルに炭酸栓を取り付け、空気を圧縮した後、栓を開くと急激な減圧により霧が発生する実験で、温度変化と気圧変化を同時に測定(20~50回測定/秒)し、エクセルでグラフ表示します。温度センサーには、LED温度計、気圧センサーには、MIS-2500-030G を使用しています。
②分光器(楢ノ木技研)を使い、塩酸の濃度(0~15%)を測定できないか試行中です。水溶液の屈折率は、アバウトですが、濃度に比例し温度に反比例しますので、それを利用します。分光器の計測値は、バラツキ(誤差?)が大きくて、悪戦苦闘しています。

※例会に参加できればと思っていますが、熊本在住ですので・・・
 

Re: 11月例会速報(弦の定常波)

 投稿者:天神  投稿日:2019年12月31日(火)18時50分7秒
返信・引用
  > No.641[元記事へ]

宮崎 尚生さんへのお返事です。

> 11月例会速報を見て、弦の定常波を作ってみました。

> ※以上の条件で装置を作り、基本振動数を見つけ、その2倍、3倍、4倍の振動数の信号を出力すると、それぞれに応じた定常波を作ることができました。
> ※今回は、演示実験を想定して、装置を黒板に磁石(100均で売られている強力磁石)で貼り付けられるようにしました。

 YPCの例会速報をご覧いただきありがとうございます。

 黒板演示用の安価な弦定常波実験器の製作レポート拝見しました。とても興味があります。もし、近くにお住まいでしたら、YPCの例会で発表なさいませんか。

http://www2.hamajima.co.jp/~tenjin/tenjin.htm

 

11月例会速報(弦の定常波)

 投稿者:宮崎 尚生  投稿日:2019年12月30日(月)23時23分33秒
返信・引用
  11月例会速報を見て、弦の定常波を作ってみました。
①スピーカーは、直径4cm、厚み5mm、重さ8.7g、8Ω、出力0.5wで、電源は、乾電池3個(4.5v)、アンプは、PAM8403を使いました。
②スピーカーの中央部に、長さ15mm程度に切ったストロー(直径6mm)を貼り付け、スピーカーの振動を、ストローを介して弦(たこ糸)に伝えるようにしました。
③音源には、信号発生ソフト(フリーソフト)を使用しました。このソフトは、振動数を指定して、サイン波や矩形波等をPCから出力することができます。
※以上の条件で装置を作り、基本振動数を見つけ、その2倍、3倍、4倍の振動数の信号を出力すると、それぞれに応じた定常波を作ることができました。
※今回は、演示実験を想定して、装置を黒板に磁石(100均で売られている強力磁石)で貼り付けられるようにしました。
 

天神のページ新着案内12/16

 投稿者:天神  投稿日:2019年12月17日(火)22時24分54秒
返信・引用
  天神のページに新しい記事を追加しました。

研究室:改訂版・YPC簡易真空実験器の作り方と使い方

 最近、百円ショップで新たに入手できるようになった素材で、手軽に真空実験をする方法をご紹介します。

http://www2.hamajima.co.jp/~tenjin/tenjin.htm

 

レンタル掲示板
/60